寝たきりの若者でもいずれ廃用症候群になってしまう?

もしあなたが寝たきりで若者だとしますね。

私もその一人だったんですよ。

 

うつ病がひどくてずっと

自分の部屋で布団をかぶって

 

トイレ以外何もできないままずっと

過ごしていた時があったんです。

 

そんなときにふと考えることって

「このまま寝たきりだと歩けなくなっちゃうんじゃね」

っていうことです。

 

実際に調べてみたところ

 

若者でも十分に寝たきりで運動できない

身体になってしまうとのこと。

 

成長途上にある若年者の運動不足は、大人と比べて顕著に健康を損なう点も指摘した。昨今の就学児の運動習慣は部活動の参加有無などで運動のする・しないがきっぱり二分しているような状況だという。

マイナビニュースより引用

 

ちなみに寝たきりで筋肉が落ちてしまうことを

廃用症候群と言います。

 

実際に寝ていることで

重力を支えている筋肉が退化してしまうことで

若者でも寝たきりになる可能性があるということです。

 

「ひいいいー」

心の中で思わず悲鳴を上げてしまいました。

 

実際に私もこわかったので

寝たきりの若者が廃用症候群を防ぐ方法を調べてみました。

 

3分でもよいので運動を行い運動不足を解消する

寝たきりになって動けなくなるのを防ぐためには

やはり、運動不足そのものを

解消することが近道らしいです。

 

実際に1日に3分間ほどの体操をするだけでも

筋肉の低下を防止することができるということ。

 

自分が好きで無理なく続けられる運動を実践する

運動を続けるためには

り自分が好きで無理なく続けることができる

運動の方が良いということです。

 

筋トレが嫌いな人は

ジョギングなどに

有酸素運動をするのがよいでしょう。

 

ジョギングが嫌いな人は床でできる

筋肉運動でも十分に効果があるとのことです。

 

ポイントは自分が無理なく続けられることが

良いという事。

 

でもね・・運動なんてできないんだよ・・・・

 

「なるほど、少しでも運動を取り入れることで

寝たきりの私でも動けなくなるのを防ぐんだな」

と感心しましたが・・・

現実を考えるやっぱり・・・・

 

動けねー

はいこれが正直なところです。

 

そもそもうつ病で死ぬほど気力が低下しているのに

3分間でもできる運動をして下さいって・・・

 

はっきりいって地獄でしょ?

という気になってしまいます。

 

そもそも動けないから寝たきりになっているのに

「少しでも動きましょう」って

拷問に近くないでしょうか。

 

そこで私が実践したのはうつ病サプリメントを飲むこと

そもそも動けないほどの私は

「まずは気力を上げないといけない」って思ったんですよね。

 

気力を上げることで

それで動けるようになればいいんじゃないか

って思ったんです。

 

そんな私が出会ったのは

うつ病のサプリメントセロトアルファでした。

 

「とりあえず飲むだけ」

寝たきりの若者の私でもできると思ったんですよね!

 

そんな努力の選択が私はあっていたんです♪

 

2か月過ぎた今では

気力を回復させて

寝たきり?なんてことは一切なくなりました!

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ