玄米はうつ病に効果があるのか調べてみた!

玄米はうつ病に効果がある!

 

実際に何かのテレビで

そんな情報を得たような気がします。

 

「確かに健康そうだな

うつ病に効果がありそうだな」

と一瞬思いました。

 

実際に食事で健康的に

メンタルへルスに役立てることが

できるとしたら

活用していきたいですよね。

 

そんな私が

玄米はうつ病に効果があるのか

調べてみました。

 

玄米はうつ病に効果があるとされる理由

1,GABAが含まれている

玄米にはGABAという

脳内物質が含まれています。

 

実際にGABAはノルアドレナリンの暴走など

を抑えてくれる

司令塔のような働きをします。

 

また脳への血流を改善してくれる働きを

持っています。

 

すなわち神経を落ち着かせてくれる

働きを持っています。

 

例えばなんでも敏感に考えてしまう

HSP(ハイセンシティブピーポーには)

お役だと言えますね。

→詳しくは世の中敏感で生きづらいと考えている

人が役立てる方法を見てください!

 

2,ビタミンB1を含んでいる

玄米は白米に比べると

ビタミンB1が豊富に含まれています。

 

ビタミンB1はどのような働きがあるかというと

主に神経を働きを

緩やかに保ってくれるということになります。

 

3,食物繊維豊富

実際に食物繊維が豊富なので

腸内環境を良くしてくれるという

働きを持ちます。

 

腸内は第2の脳と言われるように

セロトニンの生産地となっています。

 

腸内フローラにもありますが

腸を整えることで心を整える

事にもつながっています。

 

自分が玄米を食べてみて抑うつ効果を実感できたのかという疑問の答え

以上のように玄米には

抑うつに関する成分が含まれていると

言えます。

 

実際私がしばらく玄米食を

食べてみての感想を言うとしたら

ですが。

 

食べてみて抑うつ効果を感じることは

できませんでした。

 

そもそも毎日毎日玄米を食べる

ことで余計にお腹を壊してしまったのです

 

発芽毒を含んだ状態の玄米は、人体にさまざまな弊害を起こすとともに、腸が玄米の発芽毒に反応して体外に排出しようと働きます。そのため下痢になってしまうことが考えられます。

買ってよかった玄米炊飯器より引用

 

実際に玄米は発芽させることで

毒素が抜けるらしいのですが

そのままで食べると発芽毒というものを

豊富に含んでいて

それで下痢になってしまうとのこと。

 

私は見事に下痢になってしまいました!

 

抑うつを改善するために玄米の代わりに手に取ったのがリラクミンseサプリメント

玄米は結論から言うと

下痢になってしまい、

もはや1週間も持ちませんでした。

 

「でもあきらめられない」

なんとか玄米以外に

GABAを豊富に摂取する方法はないか?

 

ありました!

リラクミンSEというサプリメントです。

 

実際にGABA量は40mg!

玄米のおおよそ10杯分相当

 

のGABAが含まれているんです。

 

それを1日2粒で摂取するだけでいいなんて

玄米を食べるよりも

遥かに続けやすい方法だと言えませんか?

 

実際にGABAの効果はすごい。

このサプリを続けて飲んでいるのですが

うつ病の症状がすっかり

改善されてしまいましたから。

 

玄米より100倍リラクミンseをお勧めする

ことができますね♪

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ