「これで不安を解消?」扁桃体を鎮める方法とは

扁桃体を鎮めると

うつ病に効果があるの?

 

とこの記事を検索をしているかもしれません。

 

実際に私達が不安を感じている状態って

扁桃体がすごく興奮している

状態になっているんです。

 

実際に扁桃体が興奮することで

「すごく不快だ」とストレスホルモンを

分泌させるようになります。

 

実際にこのような働きは

命を守ることにつながります。

 

例えば、猛獣を見ると

扁桃体が興奮します。

 

そうすると全力で逃げようという気に

なりますもんね。

 

不快と感じることで

命を守ることにつながるのです。

 

うつ病の人はこの扁桃体が

興奮していることで不安が強くなっているのです。

 

今回の記事ではあなたの不安をとるために

扁桃体を鎮める方法をお伝えします。

もちろん扁桃体を鍛えて

日ごとからストレスに強く方法もあります。

 

→詳しくは扁桃体を鍛える方法を

見てみてくださいね。

 

あなたの不安をとるために扁桃体を鎮める方法とは

身体感覚を別のことに置き換える

これは非常に有効です。

 

「よくわからないよ」

と思う人がいるかもしれません。

 

例えば明日の仕事のことが

不安で不安で仕方がない

ということがあります。

 

そんなときに自分の身体感覚に

注目をしてみてください。

 

胸がぞわっとしてお腹が気持ち悪い。

 

非常に不快な気分になってしまうと

思うんです。

 

そこで止めれば不快なことで終るのですが

ここで感覚を一歩進めてみてください。

 

例えばお腹が苦しいのであれば

それをさすってくれている

母親のことを想像してみるのです。

 

実際にお腹をさすってもらうことは

安心できるし

心地が良いですよね。

 

自然と扁桃体が静まり

心が穏やかになってくると言われています。

 

ただしこれらは自分でやろうとすると

非常に難しいものです。

 

実際に私もやってみましたが

不安が強すぎてその先の感覚を

置き換える問うことができませんでした。

 

セロトニンを増やして扁桃体の興奮を抑える

次にセロトニンの量そのものを

増やして、

扁桃体の活動そのものを抑えようとする

ということです。

 

実際にセロトニンを増やすことで

扁桃体の活動を抑えることができる

と言われています。

 

海馬・扁桃体においてセロトニンは、過剰になったこれらの活動性を抑えることで不安を軽減させていると考えられています。

せせらぎメンタルクリニックより引用

 

ではどうやってセロトニンを増やすかということですが

実際には

 

リズム運動(自転車や反復横跳び)

早起きして朝日を浴びる

ガムを噛む

 

などの習慣を実践することで

セロトニン神経が活性化されると

言います。

 

・・・・

自分には無理だと

完全に思いました。

 

そもそもうつ病で落ち込んでいて

何もやる気がないのに

リズム運動をしろなんて

もはや拷問です。

 

早起きなんてとてもじゃないけど

できませんでした。

 

そんな私がセロトニンを増やすために使用したうつ病専用サプリメント

とてもじゃないけど動くことができない

私が使用したのが

うつ病専用サプリメントです。

 

最初はセロトニンを増やすのに

SSRIも考えました。

 

でもこの薬は非常に副作用が強くて

わたしには合わなかったんです。

 

特に性機能障害は自分が自分で

無くなってしまうようなかんかくでした。

 

どうしても薬は使用したくない。

そう考えた私がセロトアルファでした。

 

実際にセロトアルファは

大麦麹エキスを含んでいるのですが

この酵素が栄養をしっかり作ってくれるのです。

 

結果として脳内伝達物質の

セロトニンの生成にも大きく役立つのです。

 

しかもすべて天然の成分を使っているので

副作用はゼロなのがうれしい所ですね。

 

実際に私もセロトアルファを使用し

うつ病を克服することができました。

 

あんなに四六時中感じていた

不安が嘘のように消えてしまったんです!

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ