「もう疲れた楽になりたい」と思ったときに読んでください

「もう疲れた楽になりたい」

とふと考えてしまうことはありませんか?

 

実際に私も経験があります。

 

かつて人間関係に悩んでいて

「それでも仕事に行かなければ」

という感じで自分の鞭を

売って仕事に行っていたんです。

 

でもある日

「もう疲れた楽になりたい」と

考えてしまうようになったんですよね。

 

毎日がガラスの世界にいるような感じがして

自分の存在を消せたらどんだけ

楽だろうと考えました。

→詳しくは「自分の存在を消したい考えるのは何故」

という記事を参考にしてみてください。

 

この記事では人生疲れた楽になりたいと考えた

時に参考にした考え方を紹介します。

 

人生疲れた楽になりたいいう気持ちを楽にする考え方

ここでは私が気持ちを楽にするために

参考にした考え方を紹介します。

 

いつか楽になる時が来る

これは今がしんどくても

時間が立てばいづれ笑い話に変わる

という考え方です。

 

昔の失敗が音になると

笑い話になるという

あれです。

 

「もうだめだ」という事態も

いづれ時間をおけば

必ず楽になる時が来るという考え方です。

 

「確かにいづれは楽になれる時が来る

だから今の悩みもきっと消えるんだ」

と私も参考にはしました。

 

でも、「もう疲れた駄目だ」とその瞬間を

悩んでいる自分をとにかく助けたいと

思ったんです。

 

だってその時が死ぬほど苦しいわけですから。

 

また「もうだめ」と考えている時点で

心の状態はかなり深刻になっています。

 

それを黙って耐えることで

もしかしたら取り返しがつかなく

なってしまうかもしれません。

 

今の気持ちを誰かに伝えてみる

次に今の気持ちを誰かに伝えてみる

ということです。

 

実際に命の電話などにも

代表されますが、

自分の「もうだめだ疲れた」という気持ちを

外に吐き出してみることで

心の負担を軽くしようという

考え方です。

 

確かに自分の気持ちを吐き出すことが

できればそれだけで気が楽になるかも

しれません。

 

でも、自分は電話相談することが

できませんでした。

 

もはや何もやる気がなかったからです。

自分の身の回りのことを

することも満足にできませんでした。

 

ましてや他の人と電話であれ

関わるということに

拒否反応が出てしまったんです。

 

そのためにどうしても電話することは

できませんでした。

 

悩みに悩んだあげく手に取ったのがうつ病のサプリメント

「もうだめだ疲れた」

その時の私はもはや

うつ病の状況でした。

 

だからうつ病を対処しない限り

今の気持ちを変えることはできないって

思ったんです。

 

「でも今は自分のことすらできて

ましてや外に出ることもできない」

 

そんな状態で心療内科に行く気力すら

ありませんでした。

 

そこでインターネットで注文できる

鬱病サプリメントが気になっていたんです。

 

実際にボタン一つで注文できる

というモノは私に本当に

合っていたんです。

 

実際に私は

リラクミンseというサプリメントを

注文しました。

 

サプリにしては

1番安かったので

お金も苦しかった私には

ぴったりでした。

 

実際に使い続けてみても

うつ病の症状が見る見る解消されたんです。

 

「もう疲れた駄目だ」という気持ちは

今では思い出せないぐらいになっています。

 

実際にリラクミンse成分である

GABAが私の辛い気持ちを

鎮めてくれたのです。

 

飲むと心が落ち着き

休息もすごくとりやすくなりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ