「自分の存在を消したい」と考えるのは何故?

「自分なんか消えてしまえばいいのに」

 

「自分の存在なんて

無かった方が良いのに」

 

自分の存在を消したいと

ふと考えてしまうことは

ありませんか?

 

かつて私がうつ病の時も

とにかく

自分の存在を消したい

と頭の中で考えていたように思います。

 

逆に、

「自分の存在が無くなると

世の中がどんな感じになるのだろう」

と無意識のようなことを考えてもいました。

 

「自分の命を軽くみてはいけない」

と言われてことがありました。

 

「自分は異常なんじゃ・・・」けっしてそんなことは

ないんですよ。

 

自分の存在を消したいと考えるのは気分がふさぎ込んでいる

「自分の存在を消したい」と考えるのは

理由があるのでしょうか。

結論としては

気分の落ち込みがそのように感じさせている

ということです。

 

実際私はこのことを考えていたのは

うつ病の最中だったのですが、

うつ病が改善されると

そんなことは考えなくなりました。

 

つまり落ち込んだ気分が自分の

存在をさらに小さく見せてしまうということです。

これら3つをまとめて「微小妄想」と呼びます。微小妄想とは、自分を過小に評価してしまう妄想ということです。心気妄想、罪業妄想、貧困妄想はすべて、うつ病によって自分を過小評価している結果、生じている妄想なのです。

せせらぎメンタルクリニックより引用

自分の存在を消したいと悩んでいるあなたは

うつ病による微小妄想かもしれません。

 

人間関係や子供のころの両親との関係性による

次に気分の落ち込み以外の

人間関係が原因の関係性も

原因になることがあります。

 

例えばアダルトチルドレンという

言葉を知っていますか?

アダルトチルドレン克服カウンセリング大阪にも日々「消えたい」「いなくなってしまいたい」「死にたい」とカウンセリングで訴える方が多くいらっしゃいます。

ACC Osakaより引用

 

例えば幼少時代に両親から厳しくされたとします。

そんな時にふと子供のころの

あなたは

「自分はありのままでは怒られるんだ」

と考えてしまいます。

 

そんな経験が積み重なっていくと

自分の存在を受け入れられなくなっていくのです。

 

そんな自分の自信のなさから

「存在を消したい」と考えるようですね。

 

私が試してみた方法

「自分の存在を消したい」

という思いを治すために

実際に私が取り組んだ方法を

紹介しておきます。

 

カウンセリング

実際に私はカウンセリングを

したことがあります。

 

例えば人から相談をすると

「もっと前向きに考えなさい」

とアドバイスがあることが多いものです。

 

実際に人に相談しても

答えそのものがわからない人が多いものです。

 

「前向きになろうよ」という

曖昧なアドバイスしかできないんですよね・・

 

カウンセリングは

カウンセラーと一緒に

自分の思っていることとか

昔のことなどを整理していきます。

 

そこで自分を見つめなおして

考え方を整理するということで

自分の存在を見つめていくということです。

 

私も実際にカウンセリングをしてみたのですが

3回ほどでやめてしまったんです・・・・

 

そもそも人に自分のことを話すということが

できなかったんですよね。

 

「人と関わりたくない」

「そもそも行くのも面倒になってきた」

など行く気力そのものを

うしなっていたんですよね。

 

まずはサプリメントでうつ病を克服した

そんな私が次に考えたのは

「うつ病を改善しないと」という考えでした。

 

そうまずは気分の落ち込みを改善しないと

そもそも自分の考え方そのものを

帰ることなんてできないと思ったんですよね。

 

「なんとか気分の落ち込みを

改善する方法はないか」

とネットで調べていたところ

セロトアルファというサプリメントを

見つけたのが幸運でしたね。

 

「まずは飲むだけ」とセロトアルファを

試してみたんです。

 

すると1か月ほどたつと

気分の落ち込みが嘘のように

改善されてしまったんです!

 

気分の落ち込みが改善されると

考え方そのものがガラッと変わります。

 

「自分の存在を消したい」

なんて気持ちは

すっかりなくなってしまったんです!

 

 

 

 

 

One Response to “「自分の存在を消したい」と考えるのは何故?”

  1. […] →詳しくは「自分の存在を消したいのは何故?」 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ