もしも「休日寝たきり」の状態を放っておくと・・・

仕事にいそいそとはげみ、

やっと休日が来ました。

 

中には運動や遊びに精を出す人が、

いる一方で

 

「休日寝たきり」と

過ごしている人も

少なくはありません。

 

実際に私も、休日がきても

寝たきり状態になっていました。

 

鬱病がひどかったので

休日になると動けないということが

続きました。

 

時間は過ぎていき、

気分は最悪なまま

仕事に出かけるということを

繰り返していました。

 

でも「休日寝たきり」という今の状態を

放っておくと・・・・・

恐ろしい未来が予測できるんです。

 

休日寝たきりの生活を放っておくと・・・・

休日寝たきりの状態は

なぜ起きるのでしょうか?

 

たいていは

意欲が出ない

何もやる気がでない

気分がふさぎこむ

という状態が続いていると思います。

 

このような気分の落ち込みがあり

「休日は何もできなくなる」

ということが多いです。

 

実際にそんな兆候は

うつ病の初期症状の

可能性が高いです。

 

「休日は何もできない」という

症状から始まり・・・・

 

「人と関わることが嫌」

「身の回りのことができない」

など、あなたの事態はどんどん

悪化していく可能性があります。

 

最悪の場合は

「もう疲れた楽になりたい」

と考えてしまうこともあります。

詳しくは「もう疲れた楽になりたい」と思ったときに

の記事を読んでみて下さい!

 

うつ病を放っておくと後戻りができなくなってしまう

「いいんですよ。休日動けないだけなんだから」

確かにその気持ちはすごくわかります。

 

私もそうでした。

 

私はその症状を放置したことで

鬱病が悪化してしまいました。

 

 治療しないと他の病気と同じように、うつ病の症状も次第に悪化していきます。そして、状態が悪くなってから治療をはじめても、治療の成果がなかなか上がらず、治療の期間も長くなってしまいます。

心の陽だまりより引用

 

実際私も

「休日動けない」ということを

放置したいたところ、

「もはや入院というレベルまで」

うつ病を悪化させたんです。

 

仕事もおおよそ数年休むという羽目に

なってしまいました。

 

私のような状態にならないためにも

「症状が軽い時に」

早急に対処しないと

取り返しがつかないことに

なってしまいます。

 

「休日動けない」そんな症状を感じ始めたあなたにオススメなのがうつ病専用サプリメント

「休日動けない・・・」そんな症状を

感じ始めたあなたに

オススメしたいのが

鬱病専用サプリメントです。

 

リラクミンseというのですが

私自身もこれでうつ病を克服することが

できるようになりました。

 

もちろん早期から心療内科に行き

抗うつ薬を服用するという手段もあります。

 

でも実際私が飲んでいた抗うつ薬の副作用には

とても苦しめられた記憶があります。

 

特に便秘はすごくきつかったです。

お腹は蛙のようにはり、

食事が通らず10キロ近く痩せてしまいました。

 

リラクミンなら私は副作用を感じなかったので

安心して飲み続けることができました。

 

実際にリラクミンの効果も抜群で

成分に含まれる

ラフマ葉というハーブのエキスが

セロトニンを増やしてくれます。

 

うつ病の人はセロトニンが不足している

ことが多いので改善に役立つのですね!

 

あんだけ重度のうつで悩んでいた私も

克服できたので

早期の内から対策しちゃいましょう♪

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ