「禁煙してからうつが辛い・・・」なんとかして!

「禁煙してからうつ病が悪化した」

 

「禁煙してから落ち込みから

改善できない」

 

悩んでいませんか?

 

実際に禁煙をしてうつ病が悪化

なってしまった

という人は珍しくないです。

 

私も禁煙でうつ病を悪化させた一人です。

 

ようやく煙草をやめることができたと

思ったのに、

やめてから気分がめちゃくちゃに落ち込みました。

 

「自分を楽にしてくれ」

気分の落ち込みからそんなことを

考えるようになりました。

→詳しくは「もう疲れた楽になりたい」と思ったときの

記事を参考にしてみてください。

 

私も苦しんだ

禁煙うつはどうやって解消できるでしょうか。

 

禁煙うつが起こるメカニズム

禁煙うつはどうして起こるのでしょうか?

 

これはニコチンが濃密に絡んでいます。

喫煙によってニコチンが脳に送られ、アセチルコリンの働きをします。

ニコチンによって、ドーパミンやノルアドレナリン、セロトニンなどの脳内物質の誘発がコントロールされます。

体内のニコチンが不足すると、脳内物質がうまく誘発されなかったりバランスが崩れるため、イライラや不安を感じます。これがニコチン依存です。

禁煙をすると、ニコチンが体内から抜けますが、アセチルコリンはすぐに生成されません。

結果として、脳内物質も生成されず、精神が不安定になり、うつ病のような状態になります。これが禁煙うつです。

midikaより引用

 

一見難しいようですがタバコを吸うことで

ニコチンが脳内伝達物質をコントロール

するようになります。

 

そのニコチンが増やすことができないので

うつ病に関係の深いセロトニンなどが

上手く分泌されないのです。

 

結果うつ病の症状が

禁煙で出現します。

 

禁煙うつ病を対策する方法

運動をする

運動には、エンドルフィンや「うつ病になってしまう原因」でもご紹介したセロトニンを増やす効果があると言われています。

 

少しでもニコチンで

供給されなくなったセロトニンを運動により

分泌させようとする方法です。

 

実際に朝日にも

セロトニンを分泌を促すことが

できるので、

早朝のランニングはお勧めできるようです。

 

実際禁煙うつになった時に

ランニングを始めようと思いました。

 

でも1日で挫折をしてしまいました。

 

そもそも気分が落ち込んでいて

何もするきがなかったんです。

 

朝起きるなんてとてもじゃないけど

できませんでしたね。

 

身体を動かすなんてもっと

無理でした。

 

脳が正常化されるまで待つ

禁煙してから

「ニコチンに支配されている脳」

を正常化されるまで待ってみるということです。

 

でも実際にどれぐらい待てばいいでしょうか?

 

禁煙を始めて、2~3週間後に症状が現れて1か月程度続く場合もありますし、禁煙から3か月経ったころから1年続く場合もあります。

midikaより引用

 

・・・・・

最低3か月、1年もまたなければいけない・・・

もはや私には

遠い迷路のように感じました。

 

いつ終わるかもわからない苦しみを

待って耐え続けるということは

わたしにはできなかったんです・・・・

 

抗うつ薬を服薬する

実際に禁煙でうつ病になって

心療内科を受診し

抗うつ薬を飲む人も中にはいます。

 

抗うつ薬はセロトニンの分泌を促すことができます。

 

ただ私は薬飲むことだけは避けたかったんです。

 

例えば抗うつ薬の中には

体重増加が報告されているものもあります。

 

ただでさえ、禁煙で食欲が半端ないのに、

抗うつ薬の副作用で

太ってしまうのを恐れていたんです。

 

ココロも身体も変わっていく自分が許せなかったんです。

 

私が試した最終手段はうつ病専用サプリメント

私が満を持して

禁煙うつを克服するために選んだのは

鬱病専用サプリメントでした。

 

セロトアルファというサプリです。

 

実際にセロトアルファは

薬とは180度違って

天然成分由来の健康食品ですから、

太るなどの副作用も一切気にしなくて

大丈夫です。

 

また成分に含まれる

大麦発酵酵素は

身体の本来の調子を整えて

セロトニンなどの物質を

使いやすくしてくれます。

 

その結果うつ病を

改善できるというものです。

 

飲み始めて1か月たちますが

今ではタバコをやめることができて

うつ病の症状も一切感じることが無くなりました!

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ